外壁・軒天

建物は屋根や外壁によって守られています。ただ、屋根は見えないので劣化が確認できず、近年の外壁はサイディングというパネルに隠されているため壁内部の劣化は分かりません。そこを悪質なリフォーム会社にねらわれるケースはよくあります。信用と実績の工務店だからこそできる部分です。
またお庭やガレージ等の工事などもお気軽にご相談ください。


外壁


家の良し悪しは外壁が手入れされているか

外壁は塗料の塗膜が雨や日差しを守っています。1度外壁を触ってみて、手に白い粉が付くときは劣化している証拠です。同様に、『はがれ』『ひび割れ』等も家を傷める原因になりますので、早い時期に補修、改修が必要になります。





塗り替えでこんなにも変わります。






サイディング

最近主流の外装材

サイディングは耐火性に優れた外装材です。
施工手間もかからず、短工期、コストも安い等の理由からハウスメーカーでも多く使われています。
リフォームにも適しており、和風・洋風等のデザイン性も優れています。




また、サイディングは施工時より5年から7年で表面の防水が劣化し始めます。
劣化すると吸水性が増して、サイディングの変形や割れになる原因になります。
早期の発見で住まいが長持ちします。そうなる前に気軽にご相談下さい。



軒天

外壁の一部分と捉えて

軒天にも様々な素材があります。
写真はピーリングという化粧材ですが、風雨や経年劣化により表面が剥がれてきていました。
そこで今回、ケイカル板を貼って外壁と同色に仕上げました。
ケイカル板とは「ケイ酸カルシウム板」のことで通常「ケイカル板」といいます。
不燃材で温度・湿度・経年による変形・変質が少なく加工も容易です。
軒天の剥がれなど気になる方はご相談ください。